アンチエイジング ダイエット 健康 未分類 美肌 食品

さつまいもダイエットの方法は?1週間やってみた結果!

投稿日:

イモ類は太るというイメージを持っている方も多いと思いますが実はそんなことはなく、さつまいもを使ったダイエット方法まであるんですよ。今回はそんなさつまいもダイエット方法をご紹介したいと思います。

そして、実際に1週間チャレンジしてみましたので、さつまいもダイエットの感想と結果はどうだったのかも併せてご紹介したいと思います。

出典:pixabay

さつまいもダイエット方法

さつまいもダイエットは日本で話題になる前に、まずは韓国で話題になりました。韓国ではさつまいもをコグマというので「コグマダイエット」と呼ばれています。

韓国で話題になったきっかけは、韓国のアイドルや芸能人、例えば少女時代ソヒョンさんや日本のゴールドディスク大賞にもノミネートされらことにある歌手のIUさんも短期間で5キロの減量に成功した事などが話題のきっかけになりました。

1週間さつまいもダイエット方法は?

さつまいもダイエット方法はいたってシンプルで、主食を3食の内2食の主食をさつまいもに置き換えるだけです。2食はごはんやパン、麺などは控え、残りの1食は好きなものを主食にしてかまいません。

さつまいもに置き換えるだけと言っても無制限にさつまいもを食べていいわけではありません。だいたい一食当たりさつまいを食べるのは150gくらいまでにしましょう。

大きさでいうと中くらいのさつまいもを2分の1程度の量になります。カロリーは平均で190㎉ほどです。単純計算すると、ごはんお茶椀一杯は約250㎉ですから、60㎉の程度のカロリーカットが出来ることになります。

さつまいもダイエットが効果的だといわれる理由

  • お通じがよくなる
  • 低GI食品なので脂肪になりにくい
  • お米よりカロリーが低い
  • 腹持ちが良い

これらの理由からさつまいもダイエットが有効的だといわれている理由です。

とはいえ、お米が主食よりもカロリーを抑えることが出来る等の理由だけでさつまいもを主食にするわけではないんです。さつまいもにはたくさんの栄養素が含まれているのでご紹介!

さつまいもの栄養価

出典:pixabay

食物繊維とヤラピンで便秘解消

さつまいもには食物繊維が豊富にふくまれています。そしてさつまいもの平均で100グラムあたり3~4グラムほどの食物繊維が含まれています。野菜の中で食物繊維といえば、よくキャベツが多いといわれますよね。

ですがさつまいもの食物繊維の量はキャベツよりもかなり多いです。厚生労働省が推奨している食物繊維の1日の摂取量は19グラムですから、さつまいもを1本食べるでけで、少なくとも1日に必要な食物繊維量の3分の1は摂れることになります。

食物繊維は善玉菌を増やしてくれる効果があることで腸内環境が整い便秘の解消につながることはもちろんなのですが、さつまいもにはヤラピンとう成分が含まれています。

この成分はさつまいも特有の成分で、このヤラピンは腸のぜん動運動を活発にしてくれる効果があることがわかっています。ぜん動運動が活発になると便通がよくなります。

ですから、食物繊維プラスヤラピン、このダブルの効果で便秘改善の効果に嫌いができます。

カリウムでむくみ解消

さつまいもにはカリウムが多くふくまれています。カリウムはナトリウムとともに細胞の浸透圧の調整してくれている他に腎臓でのナトリウムの再吸収をして排泄を促す役割もしてくれています。

つまりはカリウムを摂ることによって不必要にな塩分や水分を体外へと排出してくれることによって、多くの女性の悩みの種、またダイエットの弊害にもなるむくみが解消されるわけです。

カリウムをたくさん含んだ食品はたくさんあるわけではないので、そういった面からもさつまいはダイエットに向いている食材といえますね。

ビタミCでアンチエイジング

さつまいもにはビタミンCも含まれています。ビタミンCがコラーゲンを作るのには必須の栄養素になります。また、カルシウムやミネラルの吸収を促進してくれる働きもあります。

さらには、ビタミンCにはアンチエイジングには欠かせない強い抗酸化作用もあるのでアンチエイジング、動脈硬化の予防、ガンの予防にもとても効果的です。

さらに素晴らしい点として、本来ビタミンCが熱に弱いのですが、さつまいもに含まれているビタミンCはデンプンにくるまれているので熱に強いビタミンCであるとういう特徴もあります。

ビタミンE

さつまもにはビタミンEも豊富に含まれています。ビタミンEは血行をよくしてくれる効果があるので、冷え性改善やお肌のくすみの改善にも効果が期待できます。

お肌のくすみだけでなく、お肌の代謝もアップすることによってメラニンの蓄積によってできるシミの予防にも効果が期待できます。さらにビタミンEは抗酸化作用もあります。

ですから細胞膜の酸化による老化の予防にもなりますし、生活習慣病の動脈硬化の予防などにも期待できる栄養素です。

さつまいもダイエットを1週間やってみた!

主食をさつまいもい変えるだけのさつまいも、とても簡単なのでとりあえずさつまいもダイエットを1週間チャレンジしてみました。結果からいうとー0.5グラムでした_| ̄|○

ん~敗因はなんでですかね。自分なりに考察してみました。食物繊維の豊富なさつまいもを持ってしても私の頑固な便秘が、少し改善はされましたが、毎日解消はされませんでした(;^_^A

なので、排出されていない分体重が減らなっかたのではないかと…(>_<)後は、寒い日が続いたために毎日の水分の摂取量が少なかったぁと反省しています。

いくら置き換えダイエットで通常の食事よりカロリーカットが出来ていても、水分を不足だと代謝が悪くなり痩せにくくなります。ですから、どんなダイエット方法を実践してみても水分は積極的に摂らなければいけないなぁと改めて思いました。

というわけで、さつまいもダイエットとは関係ない反省点もありますが、1週間では劇的な変化はありませんでした。ですが、とても栄養素が豊富なさつまいもです。

ですから、1週間という短期間で痩せるためにさつまいもダイエットをやるのではなく、2.3日食べ過ぎが続いてしまった後、(身体の脂肪に変わる前に)調整するためにさつまいもダイエットを取り入れるのも良いのではないかと思いました。

まとめ

  • 3食のうち2食の主食をさつまいもに替えるだけ
  • お通じがよくなる
  • 低GI食品なので脂肪になりにくい
  • お米よりカロリーが低い
  • 腹持ちが良い
  • さつまいもは栄養豊富

さつまいもダイエットを1週間チャレンジしてみた結果、普段お米を毎食たくさん食べてしまているような方はさつまいもダイエットの効果が出やすいのではないかな、と思いました(⋈◍>◡<◍)。✧♡、

-アンチエイジング, ダイエット, 健康, 未分類, 美肌, 食品
-, , ,

執筆者:

関連記事

唇の皮をむく癖の深層心理と唇がかさつく原因

乾燥する季節になるとお肌だけでなく唇の乾燥も気になりますよね。冬に限らず年中、唇がカサカサしているという方も多いでしょう。そしてついつい唇の皮をむいてしまう癖がある人がいます。 その行為は唇にはとても …

ブラシのほこりの上手な取り方!おすすめの髪の洗い方!

ほどんどの人が毎日必ず使うブラシ。いつのまにか髪の毛だけではなくホコリまでもブラシに付いていたりしますよね。取ろうと思ってもブラシの毛が邪魔になってなかなか取れませんよね。 今日はそんな必需品のブラシ …

えごま油の食べ方次第で危険!便秘に効かないという噂も調査!

効果効能が多いと知られるえごま油。そんなえごま油の効果効能も食べ方や保存の仕方次第で台無しどころが危険な事をあまり知られていないような気がします。 それから、便秘に効果があまり効かないとう噂を耳にした …

柚子茶はどんな効果があるのか喉にも良い?カルディに国産の柚子茶はある?

柑橘系の爽やかな香りの柚子。秋から冬にかけて実を付けるので、肌寒くなる頃にスーパーでよくみかけるようになる果物です。柚子には色々な食仕方がありますが、今回はその中でも柚子茶についてご紹介したいと思いま …

顔のかゆい肌荒れを早く治すために必要なこと!赤みはオロナインではそれほど治らない理由!

あなたは肌荒れで顔がかゆい状態になったことはありますか?きちんとお肌のお手入れをしているつもりなのに顔にぶつぶつができたり、かゆいのが治らなかったりするのはなぜでしょうか。 今日は肌荒れを早く治すため …

人気記事

プロフィール画像

管理人の澤樹凛(サワキ・リン)です!このサイトは女性の美と健康をテーマにわかりやすい記事を心がけて制作しています!
血液型:A型
趣味:サックス、ヨガ、マインドフルネス、ゴルフ、フットサル、カフェ巡り 取得資格:カラーセラピス、パーソナルカラリスト